メニュー
木庭 翔吾(こば しょうご)
パーソナルトレーナー
普段はパーソナルトレーナーとして、主にティップネス中野店でパーソナルトレーニングを提供しています。

エクササイズや栄養、姿勢の改善といった情報を掲載しています。ごゆっくりご覧ください。

パーソナルトレーニングサービスへもお気軽にどうぞ!
パーソナルセッション初回50%OFF!詳しく見る >

TRX Mid-Rowで背中全体を鍛える!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こちらの記事ではTRX Mid-Rowを紹介します。

TRX Mid-Rowは主に背中の筋肉を使う種目です。

TRXには似たような種目が多いですが、

  • TRX High-Rowはより上背部メインで水平面の動き
  • TRX Low-Rowは矢状面の動き
  • TRX Mid-Rowはその中間で背中全体を使う動き

といったイメージを持っていただければと思います。

引き動作のメインの関節である肩関節は可動範囲の広い関節です。

なので同じ引く動作にしてもいろんな方向からの負荷を加えることで、より体全体のパフォーマンスがアップしていきます。

包括的にプランを組めるようになれると良いですね。

目次

TRX Mid-Rowのやり方

ショートレングスでアンカーポイントに顔を向けて立ちます。
ハンドルを持ち肘を90°くらいに曲げ、身体を傾けて立ち、脇を45°程度開いたところがスタートポジションです。つま先は上げます。
TRX_ミッドロウのスタートポジション

ゆっくり肘を伸ばします。このとき体幹部の力が抜けないように注意しましょう。
TRX_ミッドロウの最終ポジション

スタートポジションに戻るように肘を曲げます。

TRX Mid-Rowの動画

動画で動作を確認しましょう。

15〜20回くらいを目安に、体の傾き具合を変えて強度を変えてみましょう。

あとがき

関節に対してどのような動作なのかを考えるのはトレーニングにおけるポイントです。

ミッドロウは角度的に丁度プッシュアップと逆の動きなので、ワークアウトをプランニングするときに合わせて行うことで関節に対してストレスのない選択をすることが出来ます。

他にもショルダープレスの逆はラットプルダウン、ローロウの逆はナロープレスといった考え方を持つことでプランニングの幅は広がります。
動作を意識するということですね。

筋肉ばかり考えてる人は多いですが、関節の動きも考えられるようになると非常に良いですね。

パーソナルトレーニングを
提供しています。

マンツーマンのパーソナルトレーニングサービスを提供しています。
運動やスポーツを通じて、生涯健康に生きたいという方のサポートを心がけています。

シェイプアップやスポーツのトレーニングなど、お気軽にご相談ください。

※初回は半額で受けられます。

SNS

インスタグラムではエクササイズを紹介したり、Twitterでは情報発信をしています。

Instagram

Twitter

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次
閉じる