パーソナルトレーニングはこちら 詳しく見る >

腹筋に慣れてきたらニー&エルボータッチクランチ!

こちらの記事ではニー&エルボータッチクランチを紹介します。

ニー(膝)とエルボー(肘)をタッチというそのままの名前の腹筋種目ですね。

脚をあらかじめ挙げておくことで腸腰筋などの関与を減らし腹直筋への刺激を増やす目的の種目です。

但し普通の腹筋が出来なかったり、クランチもうまく出来ないという方はまずはそこから取り組んでみましょう。

目次

ニー&エルボータッチクランチのやり方

まずスタートポジションは、仰向けに寝て膝と股関節を90°に曲げます。
ニー&エルボータッチクランチのスタートポジション

クランチですので、お腹を縮めて身体を起こします。
このとき、太ももと肘をくっ付けるように上がります。
ニー&エルボータッチクランチの最終ポジション

初めは難しいかもしれませんね。

ニー&エルボータッチクランチの動画

まずは10回を目標にやってみましょう。

あとがき

腹筋種目は今回のニー&エルボータッチクランチように腸腰筋の負荷を減らしたものや、他にも腸腰筋や大腿直筋を同時に使うものもあります。

よく見る脚を固定して行う腹筋は腸腰筋を同時に使いやすいですね。

目的により方法を変えるべきですので、まずはいろいろやって感覚を掴んでもらえればと思います。

腹筋の種目は沢山種類がありますので、是非自分に合ったものを見つけましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる