オフィスワーカー必見!胸筋を筋膜リリース

2019 12/31
オフィスワーカー必見!胸筋を筋膜リリース

基本的に一日中デスクワーク…という人にこそやっていただきたいのが、こちらの記事で紹介する胸筋の筋膜リリースです。

デスクワークの人はずっと手が体より前にあるので、胸筋は縮んだままなんですよね。

胸筋が縮んで硬くなってしまうと体は猫背気味になり、それがきっかけで姿勢が一気に悪くなることもあります。

また、手が後ろに回らなくなったり、四十肩の原因にもなり得ますので、少しでも自覚のある人には非常におすすめな筋膜リリースですね。

目次

大胸筋は猫背との関係が強い

胸には主に大胸筋小胸筋の2つの筋肉があります。

画像

画像

大胸筋は手でモノを押すようなときに強く働きますので、手が体より前にある時は縮むポジションにあります。

前述したように長時間のデスクワークがあるような人はずっと縮んだポジションで時間を過ごすため、そのまま大胸筋が硬くなってしまうんですね。

一方、小胸筋は肩甲骨に付いている筋肉で、硬くなると肩甲骨の動きが悪くなってしまいます。

肋骨の動きが悪くなってしまうので、呼吸も浅くなりがちになります。

両方に対しケアを行うことで腕や肩甲骨の動きが非常に快適になりますので、是非仕事の合間にでもやっていただきたいですね。

大胸筋・小胸筋のリリースのやり方

フォームローラーを使った大胸筋の筋膜リリース

まずはフォームローラー画像を使った筋膜リリースからやってみましょう。

①うつ伏せになり、鎖骨から脇にかけて斜めに圧がかかるようにフォームローラーを置きます。
画像

②胴体を上下に動かして大胸筋に圧をかけます。4回程度行いましょう。
動画を見て動作を確認してください。
画像

③腕を伸ばし、床を拭くような動きで手を左右に動かします。
画像

④4回程度行いましょう。
画像

MB5マッサージボールを使った大胸筋の筋膜リリース

MB5マッサージボール画像を使用することでより圧をかけることができます。

①うつ伏せになり、鎖骨と脇の間あたりに圧がかかるようにMB5を置きます。
画像

②胴体を上下に動かして大胸筋に圧をかけます。フォームローラーとは違い転がるので圧がかけやすいはずです。
4回程度行いましょう。
画像

③腕を伸ばし、床を拭くような動きで手を左右に動かします。4回程度行いましょう。
画像

TPマッサージボールを使った小胸筋の筋膜リリース

TPマッサージボール画像を使用し、小胸筋をリリースします。

①施術する側の鎖骨と脇の間辺りにマッサージボールを置きます。
画像

②施術する側の手で圧をかけ、反対の手をその上に被せたところがスタートポジションです。
軽く圧をかけただけで痛みを感じるような部分は特に凝っている部分ですので、そこを中心に行いましょう。
画像

③深く息を吸い、吐くと同時に鎖骨から脇にかけて、圧をかけながらストロークします。
4回程度行います。
画像

④深く息を吸い、吐くと同時に圧点を中心に回すように圧をかけます。3回程度回します。
画像

⑤逆回転も行います。
画像

あとがき

押す力は大胸筋、引く力は広背筋です。

なので広背筋の筋膜リリースと一緒にやるとかなり肩周りの動きが改善します。

肩周りが硬くなってしまうと首もツラいですし、目や頭にも血流が行きにくくなるので眼精疲労や頭痛にもなりやすくなってしまいます。

日々のケアが重要ですので、重症になる前に予防することを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次