TRXの下半身の種目

TRX Back Lungeの踏み込む動作で脚全体を鍛える!

更新日:

今回はTRX Back Lungeを紹介します。

TRX Back Lungeは後ろに脚を出して踏み込む動作を行う種目です。
通常のバックランジと違いTRXによる補助がありますので、運動を久しぶりに行う人や高齢者の方にもお勧めです。

高齢者の方で階段の下りが恐いというような方は、前の脚に重心を乗せるのが苦手になっていることが多いです。
TRXの補助を借りて、感覚が掴めるようにがんばりましょう。

もちろん脚全体のトレーニングとしてもお勧めですよ!

TRX Back Lungeのやり方

長さをミッドレングスにし、アンカーポイントに顔を向けます。
肘を90°くらいに曲げ、ストラップが張るところがスタートポイントなのでそこに立ちます。
TRX Back Lungeのスタートポジションの画像

片脚を後ろに出して踏み込みます。
このとき前の脚に体重を残しながら行うのがポイントです。
TRX Back Lungeの最終ポジション

交互に行いましょう。

TRX Back Lungeの動画

動画で動作を確認しましょう。

TRX Back Lungeは交互に20回くらいを目安にやってみましょう!

あとがき

ランジ動作は膝が内側を向き易いので注意が必要です。
また、TRXに体重をかけ過ぎてしまい動きをコントロールできていない人は多いです。

足の裏は地面を掴むように力を入れ、動作をゆっくり行います。
TRX Back LungeであればTRXを補助として使えますので、正しい動作の感覚を掴むように行いましょう。

立ち姿勢の重心が後ろ気味な人は、前方に体重を置くのが苦手です。
TRXを使って正しい動作を覚え、日常生活に取り入れましょう!

さらに詳しいTRXトレーニングはパーソナルトレーニングへお越しください

「動画を見ただけでは何だかよく分からない」これはトレーニング全般に共通することです。

TRXの高い効果は、正しいフォームがあって初めて得られるものです。

何となくやっていても、何も変わらないでしょう。

TRXは300種目以上あると言われますが、基本的な種目のやり方を覚えるだけでもかなり応用は効きます。

ご自身のトレーニングの質を向上させるためにも、パーソナルトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
コバショウゴ/パーソナルトレーナー

木庭翔吾(コバショウゴ)

現役パーソナルトレーナー/フリーランス
人間が本来持つ身体動作や姿勢を重視し、姿勢の調整やトレーニングなど年間1300本以上のマンツーマンのパーソナルセッションを実施。
「健康の為の運動についてや、身体の痛みにお悩みの方はご相談いただければと思います。健康で自由な身体作りを目指しましょう!」

>> パーソナルトレーニングサービスの詳細を見る

-TRXの下半身の種目

Copyright© パーソナルトレーナー「コバショウゴ」の健康・ダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved.