メニュー
コバ ショウゴ
パーソナルトレーナー
人の基本動作や姿勢、ファンクショナルトレーニングの考え方を大事にし、パーソナルトレーニングを行っています。

無料の相談も行ってますので、お気軽にお問合せください。
パーソナルセッション初回50%OFF!詳しく見る >

TRX Back Lungeの踏み込む動作で脚全体を鍛える!

こちらの記事ではTRX Back Lungeを紹介します。

TRX Back Lungeは後ろに脚を出して踏み込む動作を行う種目です。
通常のバックランジと違いTRXによる補助がありますので、運動を久しぶりに行う人や高齢者の方にもお勧めです。

高齢者の方で階段の下りが恐いというような方は、前の脚に重心を乗せるのが苦手になっていることが多いです。
TRXの補助を借りて、感覚が掴めるようにがんばりましょう。

もちろん脚の強化にもおすすめです。

目次

TRX Back Lungeのやり方

長さをミッドレングスにし、アンカーポイントに顔を向けます。
肘を90°くらいに曲げ、ストラップが張るところがスタートポイントなのでそこに立ちます。
TRX Back Lungeのスタートポジションの画像

片脚を後ろに出して踏み込みます。
このとき前の脚に体重を残しながら行うのがポイントです。
TRX Back Lungeの最終ポジション

交互に行いましょう。

TRX Back Lungeの動画

交互に20回くらいをベースにし、なるべく手の補助を使わないようにできると良いですね。

あとがき

ランジ動作は膝が内側を向き易いので注意が必要です。
また、TRXに体重をかけ過ぎてしまい脚で動きをコントロールできていない人が結構多いです。

足の裏は地面を掴むように力を入れ、動作をゆっくり行います。
TRX Back LungeであればTRXを補助として使えますので、正しい動作の感覚を掴むように行いましょう。

立ち姿勢の重心が後ろ気味な人は、前方に体重を置くのが苦手です。

正しい動きを身につけるためにもやっていただきたい種目ですね。

TRXを活用したパーソナルトレーニングをご案内します

パーソナルトレーニングではTRXを活用し、包括的にエクササイズを提案させていただきます。

1歩進んだトレーニングツールで良い運動習慣を身につけましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次