TRXの上半身の種目

TRX Low-Row Single Armでワンハンドロウ!

更新日:

今回はTRX Low-Row Single Armを紹介します。
ローロウを片手で行う種目です。
ローロウの記事はこちらをどうぞ。
TRX Low-Rowの記事を見る

ローロウを片手で行うことで、引っ張るだけでなく捻りの負荷 が身体に加わります。
見よう見まねではちょっと難しい部分もありますので、落ち着いて慎重に行いましょう。

新感覚ワークアウトで身体を引き締めましょう!

TRX Low-Row Single Armのやり方

ショートレングスでアンカーポイントに顔を向けて立ちます。スタートポジションのスタンスはローロウと同じですね。
ローロウのスタートポジションで、片手を肩に置きます。シングルアームはここがスタートポジションになります。
TRX_シングルアームローロウのスタートポジション

そのまま肘を伸ばします。このとき手を離している方の肩が落ちて身体が傾きやすいので、注意しましょう。
TRX_シングルアームローロウの最終ポジション
ローロウに比べ強度が上がりますので、初めはほぼ直立くらいから始めましょう。

TRX Low-Row Single Armの動画

TRX Low-Row Single Armの動画です。身体が傾かないようにしましょう。

身体を捻らないようにするのがなかなか難しいです。丁寧に10から15回くらいを目標にやってみましょう!

あとがき

TRXのトレーニングはこのように片手で行うことで違った効果を出すことが出来ます。
今回のTRX Low-Row Single Armは引くだけでなく、捻りの負荷に対し身体を安定させながら引くという効果を得られます。

実際に片手で何かを引く動作というのは身体に対し捻りの負荷がかかります。
TRX Low-Row Single Armを行うことでそういった日常の動きに近いトレーニングを行うことができるということですね。

ムキムキになろうとばかり考えてしまうとこの辺の考え方をすっ飛ばしやすいので気をつけましょう!


さらに詳しいTRXトレーニングはパーソナルトレーニングへお越しください

「動画を見ただけでは何だかよく分からない」これはトレーニング全般に共通することです。

TRXの高い効果は、正しいフォームがあって初めて得られるものです。

何となくやっていても、何も変わらないでしょう。

TRXは300種目以上あると言われますが、基本的な種目のやり方を覚えるだけでもかなり応用は効きます。

ご自身のトレーニングの質を向上させるためにも、パーソナルトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
コバショウゴ/パーソナルトレーナー

木庭翔吾(コバショウゴ)

現役パーソナルトレーナー/フリーランス
人間が本来持つ身体動作や姿勢を重視し、姿勢の調整やトレーニングなど年間1300本以上のマンツーマンのパーソナルセッションを実施。
「健康の為の運動についてや、身体の痛みにお悩みの方はご相談いただければと思います。健康で自由な身体作りを目指しましょう!」

>> パーソナルトレーニングサービスの詳細を見る

-TRXの上半身の種目

Copyright© パーソナルトレーナー「コバショウゴ」の健康・ダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved.