オンラインパーソナルトレーニング【Fiddy】をリリースしました。

TRX Low-Row Single Armでワンハンドロウ!

2019 12/31
TRX Low-Row Single Armでワンハンドロウ!

\新サービス[Fiddy]/

こちらの記事ではTRX Low-Row Single Armを紹介します。
ローロウを片手で行う種目です。

ローロウをまだやっていない人はこちらの記事をどうぞ。
TRX Low-Rowの記事を見る

ローロウを片手で行うことで、引っ張るだけでなく捻りの負荷が身体に加わります。

体幹部を安定させて捻らないようにすることで、引く動作に捻りの負荷をプラスする種目です、ぜひやってみてください。

目次

TRX Low-Row Single Armのやり方

ショートレングスでアンカーポイントに顔を向けて立ちます。スタートポジションのスタンスはローロウと同じですね。
ローロウのスタートポジションで、片手を肩に置きます。シングルアームはここがスタートポジションになります。
TRX_シングルアームローロウのスタートポジション

そのまま肘を伸ばします。このとき手を離している方の肩が落ちて身体が傾きやすいので、注意しましょう。
TRX_シングルアームローロウの最終ポジション
ローロウに比べ強度が上がりますので、初めはほぼ直立くらいから始めましょう。

TRX Low-Row Single Armの動画

身体を捻らないようにするのがなかなか難しいですが、そこがこの種目の肝です。

通常のローロウとは別枠として捉えてトレーニングに取り組んでみましょう。

あとがき

TRXのトレーニングはこのように片手で行うことで違った効果を出すことが出来ます。

日常動作でも片手で何かを引く動作というのは、身体に対し捻りの負荷がかかります。
TRX Low-Row Single Armを行うことでそういった日常の動きに近いトレーニングを行うことができるということですね。

いろんな動作をトレーニングに取り入れられると良いですね。

[ Fiddy ]
オンラインパーソナルトレーニング

全国のどなたでも受けられるオンライン形式のパーソナルトレーニングサービスです。
主にスマホを使用し、メッセンジャーやビデオ通話でやり取りを行います。

痛みのない、
本来の身体を取り戻す
パーソナルトレーニング

マンツーマンのパーソナルトレーニングサービスを提供しています。
姿勢や身体の痛みを改善し、生涯健康に生きたいという方のサポートを心がけています。

・筋力トレーニング
・体幹トレーニング
・肩こりや腰痛といった痛みの改善
・猫背などの姿勢の改善
・ダイエットやスポーツのトレーニング

小さなことでも構いません、お気軽にご相談ください。

※初回は半額でご利用可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる