メニュー
コバ ショウゴ
パーソナルトレーナー
人の基本動作や姿勢、ファンクショナルトレーニングの考え方を大事にし、パーソナルトレーニングを行っています。

無料の相談も行ってますので、お気軽にお問合せください。
パーソナルセッション初回50%OFF!詳しく見る >

腕立て伏せが簡単ならフットオンボックスプッシュアップ!

こちらの記事ではフットオンボックスプッシュアップのやり方を紹介します。

フットオンボックスプッシュアップはその名の通り、脚を台に乗せて行う腕立て伏せです。
身体全体の位置が高くなるので、負荷が高くなります。

肩の負荷が少し高まり、胸は通常のプッシュアップに比べてやや上部にも負荷がかかります。

始めからいきなりやれる種目ではありませんが、腕立て伏せに慣れていけば必ず出来るようになる種目です。

ご自宅の椅子やソファでやってみましょう。

目次

フットオンボックスプッシュアップのやり方

腕立て伏せの姿勢で脚を台に乗せます。イスなんかが丁度良いですね。
フットオンボックスプッシュアップのスタートポジション

手と手の間に胸を着きにいくように肘を曲げます。
フットオンボックスプッシュアップの最終ポジション

やり方はシンプルですね。

フットオンボックスプッシュアップの動画

通常のプッシュアップができれば問題なくできると思いますので、10〜20回を目安にやってみましょう。

あとがき

前述しましたが、フットオンボックスプッシュアップは普通のプッシュアップよりも、胸の少し上部に効きやすいです。

フリーウェイト種目でいうインクラインベンチプレスは、主動筋が近いですね。
なのでフットオンボックスプッシュアップはまだできないという人は、インクラインのダンベルプレスなどを軽めの重さでやるのもいいでしょう。

この辺の種目ができるようになってくると、自分の身体をコントロールできるようになってきます。

いろいろな動作を身につけて楽な体を作りましょう。

正しいフォーム、適切な強度でのトレーニングを提供します

トレーニングの情報は世の中にたくさんありますが、ご自身のフォームや強度が適切かどうかを判断するのは難しいものです。

パーソナルトレーニングで正しく判断し、質の高いトレーニングをする習慣を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次