スタンダードな胸の筋トレ「プッシュアップ(腕立て伏せ)」のやり方

2019 12/31
スタンダードな胸の筋トレ「プッシュアップ(腕立て伏せ)」のやり方

こちらの記事では一般的なプッシュアップ(腕立て伏せ)のやり方を紹介します。

プッシュアップは、主に胸を鍛える筋トレです。

よく腕のトレーニングだと思われている人が多いですが、メインが胸、補助の役割として上腕三頭筋といった腕の筋肉を使う種目となります。

胸の筋肉は大筋群とも呼ばれ、代謝を上げるためにもダイエットには欠かせない筋肉です。

最近は女性の方も挑戦する人が増えてきてる印象を受けますし、できるかできないかは体力の一つの目安にもなりますので是非やってみてください。

目次

プッシュアップのやり方

まずは手を肩幅よりやや広めに開き、身体を一直線に保ちます。
プッシュアップのスタートポジション

手と手の間に胸を置きにいくように肘を曲げます。
厳密には肩甲骨を寄せるわけではありませんが、少し肩甲骨を寄せる意識を持った方がうまくいく人は多いです。
プッシュアップの最終ポジション

プッシュアップの動画

まずは10回くらいを目安に3セット程度を目標にやってみましょう。

早くやってしまうと筋肉への刺激が少ないので、ゆっくり丁寧にやるのがおすすめです。

あとがき

腕立て伏せは有名な種目なだけに、自己流で覚えてしまってる人は多いです。
もし胸に効く感覚が無いのであれば、やり方を見直すべきでしょう。

バリエーションも多くあり、それなりに強度もかけられるのでセルフトレーニングとしては優秀な種目です。

もしキツいのであればまずは膝付きのプッシュアップから行いましょう。
しっかりやれば成果は必ず出ます。

是非挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次