パーソナルトレーニングはこちら 詳しく見る >

胸に効きやすいワイドプッシュアップ

こちらの記事ではワイドプッシュアップを紹介します。

ワイドプッシュアップは手の幅を広くした腕立て伏せで、胸の筋肉を主に使います。

ご自宅でのトレーニングでは、胸の筋肉にしっかり効かせるのはなかなか難しいのですが、ワイドプッシュアップであればそれも可能です。

スタンダードなプッシュアップに慣れていないと難しいので、スタンダードなプッシュアップが出来るようになってからやりましょう。

筋力アップだけでなく姿勢の改善効果も期待できます、男性にも女性にもおすすめですよ。

目次

ワイドプッシュアップのやり方

まず肩幅よりも広めに手を着きます。
ワイドプッシュアップのスタートポジション

手と手の間に胸を着きにいくように肘を曲げます。
ワイドプッシュアップの最終ポジション

このとき体幹部が緩まないように注意しましょう。

ワイドプッシュアップの動画

まずは10回×3セットくらいからやり、慣れてきたら下の位置で3秒程度キープしながらやったりしてみましょう。

胸の筋肉を意識できると良いですね。

あとがき

しっかり胸が使えるようになってくるとそれほど難しい種目でもありません。

多くの方は体幹部を安定させることの方が難しいかなと感じます。

胸にある大胸筋は身体の中でも大きな筋肉ですので、ダイエット目的の方は代謝が上がりやすく非常におすすめです。

難しい場合は膝をついてやってみましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる