パーソナルトレーニングはこちら 詳しく見る >

慣れてきたらナロープッシュアップにも挑戦!!

こちらの記事ではナロープッシュアップを紹介します。

ナローとは狭いという意味で、ナロープッシュアップは手の幅を狭くした腕立て伏せですね。

肩甲骨を安定させ、上腕三頭筋をメインで使う種目になりますので、通常の腕立て伏せよりはキツい種目となります。

もし難しい場合は膝付きでやりましょう。

男性はたくましい腕に、女性は二の腕の引き締めにおすすめです。

目次

ナロープッシュアップのやり方

①まずスタートポジションは指をちょっと外側に向けるように手を着きます。
胸を張り、肩甲骨を安定させます。
ナロープッシュアップのスタートポジション

②全体的にちょっと前のめり気味になるように肘を曲げます。
このとき脇を締めるようにしましょう。
ナロープッシュアップの最終ポジション

キツい場合は膝付きで行いましょう。

ナロープッシュアップの動画

初めは10回目安で行い、慣れてきたら20回くらい挑戦してみましょう。

あとがき

やったことがない場合は意外とキツいと思います。

へっぴり腰気味になってしまったりと体幹部の力が抜けやすいので注意が必要です。

ナロープッシュアップは、手幅の狭いロウイング系種目と反対になる動きなので、合わせて行うことでバランス良くトレーニングすることができます。
ベンチプレスのような水平面の動作ばかりに種目が偏っているような方は、こういったナロー系を取り入れるのは非常にお勧めです。

苦手な動作を無くすことはパフォーマンスの向上に繋がります。

是非やってみましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる