メニュー
コバ ショウゴ
パーソナルトレーナー
「痛みのない、ずっと動ける体を作る」というコンセプトで、人の基本動作やファンクショナルトレーニングの考え方を大事にし、パーソナルトレーニングを行っています。

無料の相談も行ってますので、お気軽にお問合せください。
パーソナルセッション初回50%OFF!詳しく見る >

大腿筋膜張筋の筋膜リリース

主な目的や効果

大腿筋膜張筋の弾力を高め、股関節の可動性・安定性の向上を狙います。

MB5 マッサージボール

エクササイズのやり方
  1. 腰の骨のすぐ下の大腿筋膜張筋に当たるようにMB5に乗ります。 4回程度ストロークします。
  2. 骨盤を操作し、ややうつ伏せとやや仰向けのポジションを繰り返します。 2〜4回ほど行いましょう。
  3. 膝の曲げ伸ばしを行います。 2回程度行いましょう。
回数 ストローク 4〜5回
うつ伏せ仰向け 2〜4回
膝の曲げ伸ばし 2回

フォームローラー

エクササイズのやり方
  1. 腰の骨のすぐ下の大腿筋膜張筋に当たるようにフォームローラーに乗ります。 少しだけ体をうつ伏せ気味にし、上の脚は立てます。
  2. 5cmくらいのイメージで4〜5回程度ストロークします。
  3. 膝の曲げ伸ばしを2回程度行います。
  4. 膝を曲げたまま、股関節を内旋させます。内旋とは股関節が内側に回る動きのことで、ここでは脚を後ろに倒す動きになります。 2回程度行います。
  5. 位置を少し変えて、太ももの横側をストロークします。 2回程度行います。この位置は靭帯ですのでやり過ぎないように注意してください。
  6. 膝の曲げ伸ばしを2回程度行います。
回数 ストローク 4〜5回
膝の曲げ伸ばし 2回
内外旋 2回
太ももストローク 2回
膝の曲げ伸ばし 2回

筋肉の範囲的には小さいので、位置がずれすぎないようにしましょう。

フォームローラーでの太ももの横側は腸脛靭帯という靭帯ですので、あまりやりすぎないようにしましょう。

姿勢・体の痛み・ダイエットなど、
どんなことでもご相談ください。

マンツーマンのパーソナルトレーニングサービスを提供しています。
運動やスポーツを通じて、生涯健康に生きたいという方のサポートを心がけています。

シェイプアップやスポーツのトレーニングなど、お気軽にご相談ください。

※初回は半額で受けられます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.