TRXの下半身の種目

TRX Hamstring Curlで太ももの裏側を鍛える!

更新日:

今回はTRX Hamstring Curlを紹介します。

「太ももの裏側が硬い・・・!」
そういった方は非常に多いですね。太ももの裏側が硬くなると血液の循環が悪くなり、身体もだるくなり易いです。

ストレッチばかりしている人もいますが、実はトレーニングを行うことで柔らかくあることも多々あります。
TRX Hamstring Curlを行うことで身体全体の血流が改善され、冷え性やむくみに効果があります。

冷え、むくみ、腰痛対策におすすめです!

TRX Hamstring Curlのやり方

長さをミッドカーフにし、床でアンカーポイントに顔を向けます。
アンカーポイントの真下にカカトが来るように仰向けに寝て、カカトを入れます。
さらにお尻を持ち上げたところがスタートポジションです。
TRX_ハムストリングカールのスタートポジションの画像

まず膝を曲げ、足先を引きつけます。
TRX_ハムストリングカールで膝を引きつけたポジション

さらにお尻を上げます。
ここが最終ポジションです。
TRX_ハムストリングカールでお尻を上げたポジション

お尻を戻します。
TRX_ハムストリングカールお尻を落としたポジション

脚を伸ばし、スタートポジションに戻ります。
TRXハムストリングカールで膝を伸ばしたポジション

この動作を繰り返します。

TRX Hamstring Curlの動画

TRX Hamstring Curlの動画です。ゆっくり行えると良いですね。

15回くらいをベースに行うようにしましょう!

あとがき・強度変換

TRX Hamstring Curlは身体の位置を変えることによって強度を変えることが出来ます。
スタンダードなポジションはアンカーポイントの真下に足先がくるポジションです。

  • より簡単に / アンカーポイントよりも奥に足先を置く
  • 基本の位置 / アンカーポイントの真下
  • 難しい位置 / アンカーポイントよりも手前に足先を置く

このように開始位置を変えると強度を上げたり下げたり出来ますので、是非お試し下さい!
ダイエット効果も高いです、是非頑張りましょう!


さらに詳しいTRXトレーニングはパーソナルトレーニングへお越しください

「動画を見ただけでは何だかよく分からない」これはトレーニング全般に共通することです。

TRXの高い効果は、正しいフォームがあって初めて得られるものです。

何となくやっていても、何も変わらないでしょう。

TRXは300種目以上あると言われますが、基本的な種目のやり方を覚えるだけでもかなり応用は効きます。

ご自身のトレーニングの質を向上させるためにも、パーソナルトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
コバショウゴ/パーソナルトレーナー

木庭翔吾(コバショウゴ)

現役パーソナルトレーナー/フリーランス
人間が本来持つ身体動作や姿勢を重視し、姿勢の調整やトレーニングなど年間1300本以上のマンツーマンのパーソナルセッションを実施。
「健康の為の運動についてや、身体の痛みにお悩みの方はご相談いただければと思います。健康で自由な身体作りを目指しましょう!」

>> パーソナルトレーニングサービスの詳細を見る

-TRXの下半身の種目

Copyright© パーソナルトレーナー「コバショウゴ」の健康・ダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved.