TRXの上半身の種目

TRX Chest Flyで胸筋をしっかり鍛える!

更新日:

今回はTRX Chest Flyを紹介します。

TRX Chest Flyはダンベルのチェストフライのように水平方向に両手を広げて行う種目です。
主に大胸筋が使われ、可動域によってはストレッチポジションまで大胸筋を広げることもできます。

TRX Chest Flyは肩関節が動く単関節運動なので、チェストプレスと合わせて行うことで大胸筋の追い込み種目にもなります。
身体の傾き加減によってはかなり強度を上げることができます。

大胸筋をかっこ良く鍛えたい方には特にお勧めです!!

TRX Chest Flyのやり方

ロングレングスでアンカーポイントに背中を向けて立ち、ハンドルを縦に握ります。
肩の正面にハンドルがきてストラップが張るところで身体を傾けた場所がスタートポジションです。
trx_TRX Chest Flyのスタートポジション

水平方向に手を広げ、戻します。肘を若干曲げるとやり易くなります。
このとき体幹部が緩まないように注意しましょう。
trx_TRX Chest Flyの最終ポジション

TRX Chest Flyの動画

動画で動作を確認しましょう。

10〜15回ベースで強度変換しながらやってみましょう!

あとがき

多くの筋肉に言えることとですが、単関節運動と言えど筋肉は基本的に単体で使うことはありません。
今回のTRX Chest Flyでメインで使う大胸筋も、体幹部や脚との運動連鎖を意識することでトレーニング効果が上がり易いです。

例えばシートに寝た状態で行うダンペルチェストフライは大胸筋の強化や可動域の向上には効果的です。しかし寝て行う種目というのはどうしても、運動連鎖を考えると二足歩行の人間にとっては日常的または実践的ではありません。

投げる動作で言えば足で踏ん張り、体幹部に刺激が加わり、胸の筋肉が動くことで末端の手が動く。押す動作もそれは同じです。
TRXを使えば運動連鎖を意識したトレーニングがやり易くなります。
是非やってみてください!

さらに詳しいTRXトレーニングはパーソナルトレーニングへお越しください

「動画を見ただけでは何だかよく分からない」これはトレーニング全般に共通することです。

TRXの高い効果は、正しいフォームがあって初めて得られるものです。

何となくやっていても、何も変わらないでしょう。

TRXは300種目以上あると言われますが、基本的な種目のやり方を覚えるだけでもかなり応用は効きます。

ご自身のトレーニングの質を向上させるためにも、パーソナルトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
コバショウゴ/パーソナルトレーナー

木庭翔吾(コバショウゴ)

現役パーソナルトレーナー/フリーランス
人間が本来持つ身体動作や姿勢を重視し、姿勢の調整やトレーニングなど年間1300本以上のマンツーマンのパーソナルセッションを実施。
「健康の為の運動についてや、身体の痛みにお悩みの方はご相談いただければと思います。健康で自由な身体作りを目指しましょう!」

>> パーソナルトレーニングサービスの詳細を見る

-TRXの上半身の種目

Copyright© パーソナルトレーナー「コバショウゴ」の健康・ダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved.