メニュー
コバ ショウゴ
パーソナルトレーナー
人の基本動作や姿勢、ファンクショナルトレーニングの考え方を大事にし、パーソナルトレーニングを行っています。

無料の相談も行ってますので、お気軽にお問合せください。
パーソナルセッション初回50%OFF!詳しく見る >

サイドプランクのレベル毎のやり方|女性にもおすすめ

こちらの記事ではサイドプランクのやり方を紹介します。

プランクとは板を意味する言葉で、その名の通り横向きの板になりましょうという種目ですね。

人の動作はほとんどが前方方向の動きですが、たまにある横の動作に対応できないと転倒したりしていまいます。
記事内ではサイドプランクをレベル毎に紹介していますので、初めての方も無理なく取り組むことができます。

コアトレーニングとしてもよく紹介されている種目です。

くびれや脇腹の引き締めに是非取り組みましょう。

目次

サイドプランクのやり方

サイドプランクは横向きになり、肘を着いた所がスタートポジションです。
サイドプランクのスタートポジション

レベル1|膝を着いたサイドプランク

レベル1は膝付きのサイドプランクをやってみましょう。
スタートポジションからお尻を持ち上げます。
身体の下のラインが真っすぐになるようにしましょう。
膝を着いたサイドプランク

レベル2|膝を伸ばしたサイドプランク

レベル2は膝を伸ばしたサイドプランクです。
膝付きに比べお尻が落ちやすいので気をつけて行いましょう。
膝を伸ばしたサイドプランク

キツければ脚は前後に開いても大丈夫です。

レベル3|上の脚を上げたサイドプランク

レベル3はレベル2から上の脚を上げます。
足を上げて強度を高くしたサイドプランク

下の脚が結構辛いと思いますが、トレーニング効果は高いですね。

サイドプランクの動画

それぞれのステップを動画に撮っていますのでどうぞご覧下さい。

1セット20秒くらいを目安に3セット程度やってみましょう!

あとがき

サイドプランクのように普段やらない種類の動きこそ、現代人には必要です。

普段やらないことが出来るようになるからこそ、日常生活は楽になっていきます。

また、ときどき肘が痛いという方がいますが、肘の1点で支えるのではなく前腕部全体で支えてみましょう。

どうしても痛ければタオルかクッションでも敷いてやりましょう。

肩関節のインナーマッスルを鍛える効果も期待できますので、重量系のトレーニングをやる人にも是非やっていただきたいですね。

正しいフォーム、適切な強度でのトレーニングを提供します

トレーニングの情報は世の中にたくさんありますが、ご自身のフォームや強度が適切かどうかを判断するのは難しいものです。

パーソナルトレーニングで正しく判断し、質の高いトレーニングをする習慣を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次