メニュー
コバ ショウゴ
パーソナルトレーナー
人の基本動作や姿勢、ファンクショナルトレーニングの考え方を大事にし、パーソナルトレーニングを行っています。

無料の相談も行ってますので、お気軽にお問合せください。
パーソナルセッション初回50%OFF!詳しく見る >

膝を気をつけるスクワットのやり方

こちらの記事ではスクワットを紹介します。

スクワットは筋トレ種目としては最も人気があるため、いろんな情報が飛び交ってますよね。

なのでスタンダードで簡単なものを紹介します。

スクワットは足全体を鍛えるトレーニングの種目で、ダイエットをしたいなら是非やってもらいたい種目ですね。

目次

スクワットのやり方

スクワットは足首、膝、股関節を連動させてしゃがむ動作です。
脚全体を使いますが、主に太ももの前側を使うような種目ですが、お尻にも力を入れるように意識できると良いですね。

まず肩幅くらいに脚を開いて立ちます。
スクワットのスタートポジション

膝と股関節が同じ角度で曲がっていくようにしゃがみます。
スクワットの最終ポジション

このとき、腰が丸まったり、膝が内股にならないように注意しましょう。
内股はこんな感じです。
スクワットで内股になっている画像

膝が内側に入っていると太ももの外側を使う感覚がありますので、注意しましょう。

お腹を凹ませて体幹部を緊張させられると効果的です。

回数 10〜20回
セット数 2〜3セット

背筋を伸ばしてお腹にも力を入れると脚にも力が入りやすくなります。

腰が丸まったり、膝が内股気味にならないようにしましょう。

スクワットの動画

15回程度を目安に3〜4セットやってみましょう。

あとがき

スクワットは非常に難しい種目で、ジムでも完璧に出来ている人はあまり見かけません。

なので鏡を見たり、動画を撮りながら根気よく続けてみましょう。

もしうまくしゃがめない場合は、スクワットの前に太もも周りのストレッチや筋膜リリースをしておくと関節も動きやすくなります。

前ももやお尻に感覚が出てくると良いですね。

ダイエット効果も高いですので、是非取り組んでみましょう。

正しいフォーム、適切な強度でのトレーニングを提供します

トレーニングの情報は世の中にたくさんありますが、ご自身のフォームや強度が適切かどうかを判断するのは難しいものです。

パーソナルトレーニングで正しく判断し、質の高いトレーニングをする習慣を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次