筋トレ【下半身】

ダイエット効果抜群!膝を気をつけるスクワットのやり方

更新日:

今回はおなじみのキングオブエクササイズとも言われるスクワットを紹介します。
スクワットは逸話みたいにいろんな情報が飛び交ってますので、今回はスタンダードで簡単なものを紹介します。

スクワットは足全体を鍛えるトレーニングの種目で、ダイエットをしたいなら外せない種目でしょう。
オフィスワークの多い人は特にやった方が良いですし、むくみ対策にもなります。

しっかり脚全体を鍛えて、むくみや冷え症からおさらばしましょう!

スクワットのやり方

スクワットは足首、膝、股関節を連動させてしゃがむ動作です。
脚全体を使いますが、主に太ももの前側を使うような種目です。

まず肩幅くらいに脚を開いて立ちます。
スクワットのスタートポジション

膝と股関節が同じ角度で曲がっていくようにしゃがみます。
スクワットの最終ポジション

このとき、腰が丸まったり、膝が内股にならないように注意しましょう。
内股はこんな感じです。
スクワットで内股になっている画像

膝が内側に入っていると太ももの外側を使う感覚がありますので、注意してみてください。
お腹を凹ませるようにしてやると効果的ですね!

スクワットの動画

動きを確認したい場合は動画をご覧下さい。

15回くらいを目安に、3〜4セットくらいやってみましょう!
慣れたら何か重りを持っていきましょう。

あとがき

スクワットは非常に難しい種目です。
完璧に出来ているなんて人はなかなかいません。
なので鏡を見ながら根気よく続けてみましょう。

もしうまくしゃがめない場合は、スクワット前に太もも周りのストレッチや筋膜リリースをしておくと関節も動きやすくなります。
前ももやお尻に感覚が出てくると良いですね。出来るだけ運動の頻度を持つようにすると効果的です。

スクワットはダイエット効果が高いです!
膝に気を付けて行いましょう!

あなたに最適な筋トレはパーソナルトレーニングでやりましょう

筋トレの情報は溢れていますが、「何が自分に合うのか」という点に関してはかなりの専門知識が必要になります。

運動歴や姿勢の状況、トレーニングの目的がそれぞれ違うからですね。

年代によってもやるべき活動は変わってきます。

なんとなく家で腹筋やスクワットをしていても思った以上の効果を得ることは非常に難しいですね。

少ない時間でも効率的に運動できるよう、パーソナルトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
コバショウゴ/パーソナルトレーナー

木庭翔吾(コバショウゴ)

現役パーソナルトレーナー/フリーランス
人間が本来持つ身体動作や姿勢を重視し、姿勢の調整やトレーニングなど年間1300本以上のマンツーマンのパーソナルセッションを実施。
「健康の為の運動についてや、身体の痛みにお悩みの方はご相談いただければと思います。健康で自由な身体作りを目指しましょう!」

>> パーソナルトレーニングサービスの詳細を見る

-筋トレ【下半身】
-

Copyright© パーソナルトレーナー「コバショウゴ」の健康・ダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved.