ファンクショナルトレーニングのおすすめ書籍6選

2020 1/20
ファンクショナルトレーニングのおすすめ書籍6選

ファンクショナルトレーニングの概念がなんとなく分かっても、実際にトレーニングに導入しようとすれば何をすれば迷いやすいものです。
以前「ファンクショナルトレーニングの記事」を書きましたが、もっと詳しく知りたいような人には書籍をおすすめします。賢い人はいつの時代も自習がしっかりできますから、向上心とか興味を大切にしたいものです。

目次

ファンクショナルトレーニングの書籍オススメ6選

6冊の書籍を紹介させていただきます。

ファンクショナルトレーニング/著者:マイケルボイル

マイケルボイルという人の書籍で、彼はファンクショナルトレーニングの第一人者と言われています。実践的な内容が豊富で非常に良いです、トレーナーになる前の時期によく読んでいました。

ファンクショナルトレーニング/著者:中村千秋

動作評価やトレーニングなど基本から学べる本です。ムキムキを目指す訳でははい、トレーニングについてもっと考えたいという人におすすめ。

コアパフォーマンス・トレーニング

コンディショニングからトレーニング、栄養や休養の分野まで広く書かれています。パフォーマンスを向上させるための本といった感じですが、書いてあることはファンクショナルトレーニングそのものですね。トレーニングが楽しくなってきた頃に読むときっと楽しいです。

ムーブメント

動作の評価システムであるFMS(ファンクショナルムーブメントスクリーン)とSFMA(セレクティブ・ファンクショナルムーブメントアセスメント)を紹介しています。文字がめっちゃ多いのですがかなり勉強になります。でも内容が難しいのでトレーナーさんなどの指導者向けですね。

走動作のファンクショナルトレーニング

ランニングなどの走る動作に特化したファンクショナルトレーニングの本です。コンディショニング方法やエクササイズなど、ランナーの方は一度手に取ってみると良いですね。

体脂肪を効果的に燃焼+運動能力・体力UPのファンクショナルトレーニング

こちらはトレーニングの初心者向けといった内容の本ですね。ファンクショナルトレーニングからトレーニングを始めるのも非常に良いと思いますので、そういった人向けですね。

終わりに

トレーニングが楽しくなってきても、いずれはマンネリになってしまうことが多いです。そういったときにこれまでとは別の考え方や、違う目的を持つというのはモチベーションの維持としては良い方向性ですね。エクササイズ本は当たり外れが多いので、不安な場合は立ち読みして確認してみてください…笑

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次