パーソナルトレーニングはこちら 詳しく見る >

猫背を改善!二の腕・上腕三頭筋を筋膜リリース

こちらの記事では二の腕にある上腕三頭筋の筋膜リリースを紹介しています。

上腕三頭筋は非常に強力な筋肉で、肩甲骨辺りの痛みや肘の痛みの原因になることもあります。

また、バンザイのように手を上に挙げる習慣がないと硬くなりやすく、猫背にもなりやすくなります。

肩の関節の動きには非常に関わりのある筋肉ですので、しっかりリリースすることで肩こり予防にもなるのでやってみてください。

目次

上腕三頭筋とは

上腕三頭筋はこの筋肉です。
上腕三頭筋とは上腕の裏側にある筋肉であり、上腕三頭筋を表す画像。

いわゆる二の腕です。もちろん女性が気にする二の腕のたるみにも関係のある筋肉です。

上腕三頭筋は曲げた肘を伸ばしたり、腕を後ろに伸ばす動きをします。

バンザイの反対の動きをする筋肉ですので、前述したように硬くなってしまうと手を挙げる動きに制限がかかります。

猫背気味な人は特にケアしておきたいですね。

上腕三頭筋の筋膜リリースのやり方

フォームローラーを使用したやり方を紹介します。

痛い人は多いと思いますので、焦らずゆっくりと行ないましょう。

①横向きに寝て、片手の上腕三頭筋をフォームローラーの上に乗せます。
このときもう片方の手は床に手を着くか、フォームローラーを持ちます。
上腕三頭筋の筋膜リリースを行なう時のスタートポジションの画像。

②持っている手で転がすようにストロークします。5回程ストロークします。
上腕三頭筋の筋膜リリースを行なう時、フォームローラーでストロークを行なう。ストロークをしている画像。

③ストロークしたら肘を90度に曲げます。
上腕三頭筋の筋膜リリースを行なう時、ストロークした後左右に圧をかける動きをする。その時のスタートポジションの画像。

④腕相撲をするような形で左右に動かします。これも5回程やりましょう。
上腕三頭筋の筋膜リリースを行なう時左右に圧をかける。実際に圧をかけている画像。

反対。
上腕三頭筋の筋膜リリースを行なう時左右に圧をかける。先ほどとは反対側に圧をかけている画像。

体勢がツラい人は、床に両膝立ちで座り、フォームローラーを椅子の上に置いてやってみてください。

あとがき

上腕三頭筋が硬くなれば手が挙がりにくくなりますが、「挙げにくいから挙げない」というスタンスでいるともっと硬くなってしまいます。

また、特定の筋肉が硬くなっているときは他の筋肉の動きも悪くなりやすいので、結局全体的にアプローチしていくしかありません。

姿勢が変わる前に日々しっかりとケアを行い、良い姿勢を保てるようにしましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる