僧帽筋のデータ|いわゆる肩こりの筋肉

僧帽筋のデータ

名称僧帽筋
そうぼうきん 
英語名称Trapezius muscle 
起始上部:後頭骨と項靭帯
中部:第7頚椎と第1〜3胸椎の棘突起
下部: 第4〜12胸椎の棘突起
停止 上部:鎖骨の外側後面1/3
中部:肩峰内側縁と肩甲棘上縁
下部:肩甲棘内端
神経支配 副神経、頚椎神経(C3.4)

機能

上部:肩甲骨の挙上、上方回旋、内転の補助
中部:肩甲骨の内転
下部:肩甲骨の下制、上方回旋、内転の補助

触診の仕方

首から第12胸椎にかけて、脊柱と肩甲骨の間で触れられます。

関連記事

筋肉の種類一覧と4つの役割と構造や動作、筋肉をつける為の食事と筋トレ

「筋肉とは何か?」と聞かれた時に答えることはできるでしょうか。 ムキムキな人は「芸術です、ムキッ!」とかなんだかマニアックなこと言うかもしれ ...

続きを見る

更新日:

Copyright© パーソナルトレーナー木庭翔吾(コバショウゴ)のブログ , 2017 All Rights Reserved.