栄養

硬い筋膜はコラーゲンと水分でしなやかに、コラーゲンペプチドの可能性

更新日:

体を作るタンパク質のうち、約30%がコラーゲンといわれています。

一番コラーゲンが多いのは皮膚なので、「コラーゲン=美容」という認識ではないでしょうか。

実はコラーゲンは皮膚以外にも筋膜・血管・関節・骨・爪・髪など様々な部位を構成する成分でもあります。

 

これまではサプリメントに配合されるコラーゲンは摂取しても分解され、アミノ酸として吸収されてしまうといわれてきました。

しかし最近の研究ではコラーゲンペプチドの状態でも吸収されることや、コラーゲン特有のアミノ酸が存在することも分かっています。

研究論文も紹介しますので、参考にしてみてください。

ちなみに私が最近ハマっているのが「 ニッピコラーゲン100 」というコラーゲンペプチドで、これがなかなか良い感じです。

筋膜の主成分は「コラーゲン」

筋繊維を束ねる筋膜は主に「弾力のあるコラーゲン繊維」と「伸縮性のあるエラスチン繊維」で構成されています。

どちらもタンパク質ですね。

 

コラーゲンについてプルプルなイメージをお持ちかもしれませんが、そうではなく実はかなり強靭で頑丈な組織です。

筋膜が正常より硬くなってしまうと体は動きづらくなり、「身体のどこかが痛い」といった状態に陥りやすくなってしまいます。

筋膜がよく滑る状態、柔らかい状態を保つことが大切になります。

水分も重要

筋膜を良い状態に保つには筋膜に水分を送り続ける必要があります。

潤滑剤のようなイメージでしょうか。

人は全身が筋膜で覆われてますので、簡単に言えばしっかり水を飲みましょうということでもあります。

 

筋膜に水分を送るのは血液です。血流を良くするには身体の水分量だけでなく、血管の弾力性や体温も重要となります。

ちなみに血管も主成分はコラーゲンですので、コラーゲンの摂取は血流の改善にも繋がります。

 

当ブログでは筋膜リリースについてよく紹介していますが、筋に圧をかけるのは筋膜に水分を送る作業ともいえます。

水分を送り、血流を促して体温を上げることで筋膜の滑りが良くなって体を動かしやすくなります。

それに伴って主成分であるコラーゲンや水分を摂取することで身体全体に栄養を巡らせ、好循環を生み出せるということですね。

コラーゲンペプチドの研究論文など

少し前までの栄養学や医学ではコラーゲンをとっても効果がないという結論に至っていました。

しかし近年のコラーゲンの研究ではコラーゲンペプチドであればそのまま吸収されることや、筋肉の増加、皮膚の弾力性や水分の向上、骨の生成の促進といった研究結果が出ています。

 

コラーゲンについての研究論文はかなりたくさんありましたので、いくつか紹介します。

※クリックすると詳細が開けます。

+ 筋肉に関する論文

コラーゲンペプチドが筋肉組織の増加を示唆する論文です。
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科の研究論文

英語ですので、Googleの翻訳にて翻訳したものを掲載しています。

「コラーゲン由来ジペプチドヒドロキシプロリン - グリシンは、C2C12筋芽細胞分化および筋管肥大を促進する」

ヒトの健康におけるコラーゲン加水分解物の可能な役割に関する研究の大部分は、骨および皮膚へのそれらの影響に焦点を当てている。ヒドロキシプロリル - グリシン(Hyp-Gly)は、最近ヒト血液中の新規コラーゲン加水分解物由来ジペプチドとして同定された。しかし、Hyp-Glyの可能性のある健康上の利点は不明である。ここでは、マウス骨格筋C2C12細胞の分化および肥大に対するHyp-Glyの効果を報告する。Hyp-Glyは、融合指数、筋管サイズ、および筋管特異的ミオシン重鎖(MyHC)およびトロポミオシン構造タンパク質の発現を増加させた。Hyp-Glyは筋芽細胞中のAkt、mTOR、およびp70S6Kのリン酸化を増加させたが、ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)阻害剤LY294002はHyp-Glyによるリン酸化を阻害した。LY294002およびラパマイシン(mTOR)阻害剤ラパマイシンの哺乳動物標的は、MyHCおよびトロポミオシン発現に対するHyp-Glyの増強効果を抑制した。ペプチド/ヒスチジントランスポーター1(PHT1)は、筋芽細胞および筋管の両方で高度に発現され、ヒスチジンの共投与は、筋芽細胞および筋管におけるp70S6KのHyp-Gly誘導性リン酸化を阻害した。これらの結果は、Hyp-Glyが筋原性分化および筋管肥大を誘導し、おそらくPHT1に依存してPI3K / Akt / mTORシグナル伝達経路を活性化することによってHyp-Glyが筋分化を促進することを示唆している。ヒスチジンの同時投与は、筋芽細胞および筋管におけるp70S6KのHyp-Gly誘導性リン酸化を阻害した。これらの結果は、Hyp-Glyが筋原性分化および筋管肥大を誘導し、おそらくPHT1に依存してPI3K / Akt / mTORシグナル伝達経路を活性化することによってHyp-Glyが筋分化を促進することを示唆している。ヒスチジンの同時投与は、筋芽細胞および筋管におけるp70S6KのHyp-Gly誘導性リン酸化を阻害した。これらの結果は、Hyp-Glyが筋原性分化および筋管肥大を誘導し、おそらくPHT1に依存してPI3K / Akt / mTORシグナル伝達経路を活性化することによってHyp-Glyが筋分化を促進することを示唆している。

+ 肌・皮膚に関する論文

コラーゲンペプチドの肌への影響についての研究論文です。
ドイツのキール大学皮膚科の研究論文」英語です。

皮膚の弾力の向上について効果が見られています。
英語ですので、Googleの翻訳にて翻訳したものを掲載しています。

「特定のコラーゲンペプチドの経口補充は、ヒトの皮膚生理学に有益な効果をもたらす:二重盲検、プラセボ対照研究。」

様々な栄養補助食品は、皮膚の老化防止特性を有すると主張されている; しかし、これらの主張を支持する研究研究は限られている。この研究の目的は、特定のコラーゲンペプチドからなるコラーゲン加水分解物(CH)の皮膚老化に関連する皮膚の生物物理学的パラメータに対する有効性を研究することであった。この二重盲検プラセボ対照試験では、35〜55歳の69人の女性が2.5gまたは5.0gのCHまたはプラセボを1日1回8週間投与され、23人の被験者が各治療グループに割り当てられた。初回の経口適用(t0)前および4週間後(t1)および8週間後(t2)に、皮膚弾力性、皮膚水分、経表皮水分損失および皮膚粗さを客観的に測定した。最後のCH摂取から4週間後の追跡調査(t3,4週間の回帰段階)においても、皮膚弾力性(主要関心)を評価した。研究の最後に、両CH投与群の皮膚弾力性は、プラセボと比較して統計的に有意な改善を示した。4週間のフォローアップ治療後、高齢女性で統計学的に有意に高い皮膚弾力性レベルが決定された。皮膚水分および皮膚蒸発に関しては、サブグループ分析においてCH処理の肯定的な影響が観察されたが、データは統計的に有意なレベルに達しなかった。この研究を通して副作用は認められなかった。4週間のフォローアップ治療後、高齢女性で統計学的に有意に高い皮膚弾力性レベルが決定された。皮膚水分および皮膚蒸発に関しては、サブグループ分析においてCH処理の肯定的な影響が観察されたが、データは統計的に有意なレベルに達しなかった。この研究を通して副作用は認められなかった。4週間のフォローアップ治療後、高齢女性で統計学的に有意に高い皮膚弾力性レベルが決定された。皮膚水分および皮膚蒸発に関しては、サブグループ分析においてCH処理の肯定的な影響が観察されたが、データは統計的に有意なレベルに達しなかった。この研究を通して副作用は認められなかった。

こちらは肌の水分量が増えたという研究論文です。
コラーゲンペプチド経口摂取による皮膚角層水分量の改善効果

魚鱗コラーゲンペプチド(2.5g, 5g, 10g)の3用量の用量設定と豚皮コラーゲンペプチド(10g)の有効性確認を目的に,プラセボ群を設定して各々を4週間摂取して摂取前後の皮膚状態の変化を二重盲検法で比較した.その結果,魚鱗コラーゲンペプチド摂取によりその用量に応じて角層水分量の増加傾向が見られ,特に,30歳以上を対象とした層別解析で魚鱗コラーゲンペプチド5g以上の摂取により角層水分量の有意な増加が認められた.一方,豚皮コラーゲンペプチド摂取では有意な変化は得られなかった.この結果から,魚鱗コラーゲンペプチドの摂取は角層水分量の増加に有効であると考えられた.また,その他の評価項目(経表皮水分蒸散量,皮膚粘弾性,皮膚所見)に関しては,コラーゲンペプチド摂取に起因すると推定される変化は認められなかった.

+ 関節に関する論文

長距離走選手のトレーニング期における膝痛発生に対するコラーゲンペプチド摂取の効果の論文のまとめページです。
コラーゲンペプチドの機能性研究成果

+ 骨に関する論文

コラーゲンペプチドが骨を作る骨芽細胞の働きを活性化させるといった内容の論文です。
コラーゲンペプチドの骨への作用メカニズムに関する論文
英語ですので、Googleの翻訳にて翻訳したものを掲載しています。

「コラーゲン由来ジペプチドプロリル - ヒドロキシプロリンは、MC3T3-E1骨芽細胞の分化を促進する」

プロリル - ヒドロキシプロリン(Pro-Hyp)は、コラーゲン由来ジペプチドの主要成分の1つである。この研究の目的は、Pro-HypがMC3T3-E1骨芽細胞の増殖および分化に及ぼす影響を調べることであった。Pro-Hypの添加はMC3T3-E1細胞増殖およびマトリックス石灰化に影響を与えなかったが、アルカリホスファターゼ活性は有意に増加した。さらに、Pro-Hypで処理した細胞は、Runx2、OsterixおよびCol1α1の遺伝子発現を有意に上方制御した。これらの結果は、Pro-Hypが骨芽細胞分化を促進することを示している。この研究は、Pro-Hypが、Runx2、OsterixおよびOsterixのアップレギュレーションによる骨芽細胞分化に正の効果を有することを初めて示したCollα1遺伝子発現。

最近ハマっているコラーゲンペプチド

私が最近ハマっているのが「 ニッピコラーゲン100 」というコラーゲンペプチドです。

こんな粉末のコラーゲンです。

サラッサラの粉が特徴的で、「料理やドリンクに混ぜて食べる」という商品です。

無味無臭なので混ぜた料理の風味を全く壊すことなく安心して摂取できますね。

 

付属の専用スプーンすり切り1杯で1日に必要な5,000mgのコラーゲンが摂れるのですが、これは食材でいうとコラーゲン豊富なうなぎの蒲焼や牛スジを100g食べるのと同じくらいの量になります。

ニッピのコラーゲンは再生医療の分野で注目されているiPS細胞培養の一部にも使われていて、やけどや紫外線対策といった医療分野での商品もあるようですね。

お試し価格が1回限りのみ999円と格安です。

コラーゲンペプチドは毎日摂ることでその効果が出やすくなりますが、お試しの20日分あれば実感することができますね。

私は肌が荒れやすいのですが確実にそれがなくなってきましたので、肌以外の部分にも効果が出てるだろうということで摂取し続けています。

良い習慣ですし、興味がある方は是非試してみてください。

>> ニッピコラーゲン100を公式ページで見る

 

追記:ニッピコラーゲン100の口コミ

美容系の目的の人が多いですが、口コミを集めたので参考にしてもらえればと思います。

筋肉や関節に良い栄養を送るために「ニッピコラーゲン100」

  • 純度100%のコラーゲンペプチド
  • 約60年の研究の末の「食べるコラーゲン」
  • 破格の990円でお試し可能

高品質なコラーゲンペプチドで身体を作りましょう。

-栄養

Copyright© パーソナルトレーナー木庭翔吾(コバショウゴ)のブログ , 2017 All Rights Reserved.