パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングでは糖質制限は考え方の一つにすぎない

更新日:

「パーソナルトレーニングって気になるけど、糖質制限するの大変そうだな・・・」
このような悩みはパーソナルトレーニングを始めようか決めかねている方に多い悩みです。

「パーソナルトレーニングしたいんだけど、糖質制限しろとは言われたくない」みたいななんとも贅沢な悩みですw

でも全然大丈夫です。

糖質制限は大変そうなイメージが先行してしまっているだけで、実際はそんなに大変ではないです(人によりますが)。

まずは糖質についてしっかり理解し、何をどのように制限すればいいのかを知りましょう。

まずそもそも糖質とは?

糖質とは一般的には白米やパンや麺といった炭水化物や、砂糖の入った甘いお菓子やジュースのことをさします。

厚生労働省のページでは以下のように説明されています。

たんぱく質、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつ。
炭素と水素の化合物で、消化されてエネルギー源となる。

炭水化物は炭素と水素の化合物で、たんぱく質、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつです。
食物として体内に取り入れられエネルギー源となる糖質と、体内の消化酵素では消化できない食物繊維があり、糖質は単糖類、少糖類、多糖類に分類されます。

単糖類はそれ以上分解されない糖類で、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースがあります。
少糖類は単糖が2つ以上結びついたもので、多糖類ほどは分子量が大きくないものです。
オリゴ糖とも呼ばれますが、定義はややあいまいで、実際には二糖類を含める場合と、3つ以上の糖が結びついたものをさす場合もあります。

二糖類にはショ糖(ブドウ糖+果糖)、麦芽糖(ブドウ糖+ブドウ糖)、乳糖(ブドウ糖+ガラクトース)などがあります。
多糖類は消化性多糖類と難消化性多糖類に分かれます。
消化性多糖類にはでんぷん、グリコーゲンなどがあり、難消化性糖類は食物繊維の仲間となります。

不足すると、エネルギー不足による疲労感や集中力の減少が見られ、また、ブドウ糖が必要な脳・神経で供給不足が起こると、意識障害を起こすこともあります。
また過剰な場合、エネルギーとして消費されなかった糖質は中性脂肪として蓄積され、肥満や生活習慣病の原因となります。
引用元:厚生労働省e-ヘルスネット炭水化物 / 糖質(たんすいかぶつ / とうしつ)

糖質は主に体のエネルギー源として働きます。

ですが摂りすぎると脂肪として身体に貯まってしまって太ってしまうのです。

つまり糖質は適度に摂るべき栄養素で、摂りすぎは禁物です。

適度に摂れれば身体はエネルギーに満ち溢れつつ、しっかりとトレーニングの効果を出すことができます。

制限すべき糖質の食べ物の種類

制限すべき糖質を避けて、ダイエットに役立ててみましょう。

  • 白米、うどん、そば、そうめん
  • パン全般
  • じゃがいも、さつまいも、山芋、里芋、長芋
  • 果物全般

こうやって「もう何も食べられない・・・」と思うかもしれませんが、とにかく量を減らすようにする方向にできれば良いですね。

まだ食べてもいい糖質の食べ物

ローソンのブランパンは糖質の中では唯一食べてもいいと言えるほど糖質の低いパンです。
もちろん食べてもいいとは言っても、たくさん量を食べてしまえば結局太るので気をつけましょう。

あとは白米を食べるくらいなら玄米や五穀米のほうが繊維質が多いので太りにくいです。

調べてみたら低糖質パンっていっぱいあるんですね。

[amazonjs asin="B00637I7UE" locale="JP" title="低糖工房 小麦ふすま使用の低糖質ロールパン 1袋10本入り"]

糖質制限で失敗する人の例

糖質制限で失敗してしまう人の例を紹介します。

ただ単にご飯を抜く

単純にご飯を食べなくする人がいますが、あまり極端過ぎると栄養不足になってしまう可能性が高いです。

糖質は脂質やタンパク質と共に摂取することで体の筋肉や骨を作ります。
ゼロにするというのは身体に良く無いのでやめておきましょう。

また、抜き過ぎることでイライラしてしまい、ストレスによって反動で脂っこいものを多く摂ってしまうこともあります。
少しずつ減らすようなイメージで取り組んだ方が良いでしょう。

朝食を抜く

朝食での糖質制限を行うという人が意外と多いです。
しかし糖質は前述したようにエネルギー源です。

朝食はこれから始まる1日のエネルギー源ですので、しっかり食べた方が良いです。

さらに言うと朝食を食べることによって体温があがりますので、体の代謝量も上昇します。
朝食を食べた方が痩せやすい体を作れるということです。

朝食をしっかり食べ、夕食での糖質を制限することが正しい糖質制限であると言えます。

間食がどうしても食べたい!そんなときはタンパク質を!

糖質制限しているせいでなぜか間食におやつ的なものを食べてしまう人がいます。
もちろんおやつを食べているようではダイエットはうまくいきません。

しかし食事の間隔を空けてしまうと血糖値が下がり、次の食事のときに血糖値が急に上がってしまい脂肪を作りやすくなってしまいます。
なのでできればお腹が空くほど我慢するのは良くありません。

もしもおやつの時間にお腹がどうしても空くのであれば、タンパク質を摂取することをお勧めします。
アーモンドや小魚などをおやつ代わりに摂取すれば素晴らしい栄養源です。
是非取り入れてみてください。

関連記事:7つの太る原因とダイエットの痩せる食事メニューや食べ物、運動方法を紹介!

パーソナルトレーニングでの糖質制限とはただ単に正しい食事

現状の食生活をいきなり全て変えるのはハッキリ言ってただのストレスです。

もしも担当のパーソナルトレーナーが「一気に全部変えてください」と言うのであれば、まぁちょっと言い過ぎなんじゃない?とか思います。

糖質制限のツラさというのは抜け道がいくつもありますし、仕事や家庭といった生活の状況によっても変わります。

優秀なパーソナルトレーナーであれば現状の食生活においてどう変えていけばいいかを提案できるはずです。
糖質制限をするべきか、脂質を減らすべきか、もっとタンパク質を摂るべきか、教えてくれるでしょう。

パーソナルトレーナーにとって糖質制限というダイエット方法は選択肢のうちの一つにしか過ぎません。
まずは一度無料カウンセリングなどで相談し、きちんとした提案をしてくれるのかどうかでパーソナルトレーナーを選びましょう。

関連記事

【ダイエットは食事が9割!】痩せるための正しい食事メニュー、食べ物、運動方法を紹介!

「ダイエットの正しい食事について詳しく知りたい」 「何が原因で太ってしまうんだろう?」 と感じている方にお勧めのダイエットをしっかり成功に導 ...

続きを見る

ダイエットの朝ごはんの考え方とおすすめな3つの朝食メニュー!

今回はダイエットにおける朝食について書きます。 ダイエット中は朝食を食べないというパワープレイな人が非常に多いのですが、実はダイエット中こそ ...

続きを見る

食べても太らないために!血糖値の上昇を抑える4つの食べ方と糖質カットサプリ

今回は食べても太らないようにするための食べ方を紹介します。とは言いましても、もちろん好きなだけ食べてしまえば太ります。 でも知ってればちょっ ...

続きを見る

パーソナルトレー二ングとは何かよく知らない人のために効果や料金について書きました

パーソナルトレーナーとして仕事をしていてよく聞くのですが「パーソナルトレーニングに興味はあるけど、実態がよくわからない」という何とも切ないお ...

続きを見る

パーソナルトレーニングの料金相場と価値をサービスごとに考える!

今回はパーソナルトレーニングの料金相場について書きます。 パーソナルトレーニングを受けようと思っていても「候補のジムは果たして料金が高いのだ ...

続きを見る

パーソナルトレーニングはどれくらいの年齢が対象者か

今回はパーソナルトレーニングの対象年齢について書きます。 「歳も歳だし、若い人みたいにトレーニングなんて・・・」というようにお考えの方がよく ...

続きを見る

-パーソナルトレーニング

Copyright© パーソナルトレーナー木庭翔吾(コバショウゴ)のブログ , 2017 All Rights Reserved.