筋膜リリース

おすすめフォームローラーの硬さや違いをメーカーごとに比較!

更新日:

少し前までは筋膜リリースという言葉すら全然認知されていなかったのですが、最近はいろんな企業がフォームローラーを販売していますね。

私が資格を持っているトリガーポイントパフォーマンス社のフォームローラーが一応先駆けではあるのですが、正直どのメーカーのものでも特に問題なく筋膜リリースを行えます。

こちらの記事ではそんな様々なフォームローラーを「フラットな目で分析」という形で紹介させていただきます。
世の中コスパの良いものを買うというのが大切ですからね、是非参考にしていただければ幸いです。

今おすすめなのは「振動するフォームローラー」

個人的に最近ハマっているのは振動するフォームローラーです。

筋肉は振動を加えるとすごく緩みやすいんですね。
自分自身があまり動かなくていいですし、予算的に余裕があればおすすめです。

振動を加えながら行うと簡単に効果が出ますが、振動系のフォームローラーは振動が強い場合もあるのでマンションだとどうしても下の階が気になりますw

なので使う場合は専用のマットやクッションを使うか、ベッドやソファの上で使用されることをおすすめします。

ドクターエア ストレッチロール

ドクターエア ストレッチロールの画像

ドクターエア ストレッチロール」は次に紹介するVyperの半分くらいの価格で、しっかり効果もあります。
おそらく振動系のフォームローラーでは今一番キテるのではないでしょうか。

4段階の振動で強度を変換できます。

フォームローラーの最大の弱点は「使い方が謎」という所だと思っていますが、こちらは使用方法のDVDも付属しているので初めての方でも安心して使用することができますね。

そして振動系のフォームローラーは電源を切れば普通にフォームローラーとして使えるところも良い点です。

最近は4色展開でブルーやピンクが出たのは良いですね!

 

Hyperice Vyper

Hyperice Vyperの画像

振動系フォームローラーの先駆けはVyperだと認識しています。
充分効果はありますが、ちょっと高い買い物になってしまいそうですね。

発売当初はすぐに購入しましたが、今なら前述したドクターエア ストレッチロールの方がおすすめできますね。

 

【元祖】トリガーポイントパフォーマンス

トリガーポイントパフォーマンス社の商品の画像

フォームローラーの本家であるトリガーポイントパフォーマンス社のフォームローラーを紹介します。
主なラインナップとしては、

  • フォームローラーシリーズ
  • マッサージボール
  • ナノシリーズ

があります。
一つずつ紹介します。

フォームローラーシリーズ

グリッドフォームローラーのグリッド(格子状)のデザインは人の手を模して作られていて、筋肉にしっかり入ってくるように設計されています。
使い方については「筋膜リリースの方法・効果とグリッドフォームローラーの使い方」を見ていただければと思います。

耐久性が高く、3年くらい毎日使っても全然壊れたりはしませんね。
ラインナップとしては、

  • グリッドフォームローラー
  • 2倍の硬さのグリッドフォームローラーX
  • 小さいサイズのグリッドフォームローラーミニ
  • 2倍の長さのグリッドフォームローラー2.0
  • 座ってできるグリッドスティック

があります。
結構ありますねw

オーソドックスなグリッドフォームローラー

グリッドフォームローラーの画像

定番のグリッドフォームローラーです。
いろいろなメーカーのフォームローラーで迷ったらこれにするのが良いかなと思います。

昔は定価が5,000円だったのですが、現在は値上げして7,000円くらいなんですよね。
amazonの並行輸入の商品で5,000円くらいであるようです。

 

2倍の硬さのグリッドフォームローラーX

the GRIDXの画像

知る人ぞ知るグリッドフォームローラーXは2倍の硬さということでめちゃくちゃ硬いです。
公式サイトには「慣れてきたらこれで!」みたいに書いてありますが、本当にスーパー痛いので、正直あまりおすすめはしませんw

筋膜リリースは痛ければ良いというものではないので、「痛みを求めて硬いのを買う」みたいなのはちょっと間違っている気もします。
興味のあるマニアックな人は試してみると良いかもしれませんね。

 

小さいサイズのグリッドフォームローラーミニ

グリッドフォームローラーミニの画像

カバンにも入る小さいサイズのグリッドフォームローラーミニです。
こちらは単純にフォームローラーを短くしたもので、同様の効果が得られます。

小さいので「これイイじゃん!」みたいに衝動買いしたくなるのですが、小ささゆえにリリースできる部位が限られます。
やってみると太ももや背中周りのリリースが結構やりにくいんですね。
そうなるとふくらはぎや腕周りがメインになり、「ほとんどできる部位ないよね?」という感じになります。

結局持ち運びしやすいことが最大の利点となるので、それなら個人的にはボール系のものを持っていた方が汎用性が高くておすすめです。

でもかわいいから買っちゃうやつ…

 

2倍の長さのグリッドフォームローラー2.0

グリッドフォームローラー2.0の画像

2倍の長さのグリッドフォームローラー2.0です。
こちらは家でしか使わなかったり、常駐させる場合にはすごくおすすめできます。

フォームローラーによるリリースは大きい方が安定感があってやりやすいからですね。
予算的に余裕があれば検討する価値はありますね!

 

座ってできるグリッドスティック

グリッドスティックの画像

何気に人気があるのがグリッドスティックです。
確かにイスに座ったままできるのは良いですね。

しかし通常のフォームローラーに比べ、筋膜リリースの効果は少し落ちます。
通常のフォームローラーは体重をかけるのに対し、グリッドスティックは自分の手でリリースしなければなりません。
なのでしっかりやると結構疲れますw

持ち運びやすいわけでもありませんので、もし通常のフォームローラーをやるスペースがあるならその方が良いでしょう。

 

さらに深く!マッサージボール

1点集中でリリースを行うマッサージボールです。
テニスボールで代用できますが、マッサージボールに慣れるとテニスボールではちょっと満足できなくなります。
種類がいくつかありますので、おすすめなものを紹介します。

TPマッサージボール

TPマッサージボールの画像

TPマッサージボールは中にいびつな形の木が入っているボールです。
いびつなので圧が一点に集中しやすく、トリガーポイント(筋肉中のコリ)にピンポイントで当たります。

もちろん痛いですが、効果は出やすいのでおすすめです。
ボールの値段としては少し高く感じるかもしれませんが、耐久性が非常に高いのでずっと使うことができるでしょう。

 

MB1 Massage Ball/MB5 Massage Ball

MB1とMB5 Massage Ballの画像

MB1 Massage BallとMB5 Massage BallはEVA素材のマッサージボールです。
MB1 Massage BallはTPマッサージボールと大きさも用途もほとんど変わりありません。

おすすめはMB5 Massage Ballで、こちらは直径12cmと大きめのサイズになっています。
イメージではフォームローラーで入りにくい臀部や胸筋、内転筋群のリリースでより深くリリースするのに適しています。

フォームローラーと小さめのマッサージボール、大きめのマッサージボールがあると用途に合わせてリリースすることができますね。

 

ナノフットローラー

足裏専用のNANOフットローラーです。
オレンジが柔らかく、黒が硬い商品となっています。

足裏のリリースのツールとしてはかなり良いのですが、正直小さくて硬めのマッサージボールがあれば代用できます。
ちなみにテニスボールでは少し硬さが足りませんね。

足裏はそもそも筋膜が硬いので、リリースするのであれば初めから硬めの黒いナノフットローラーでも良いでしょう。

足裏のリリースは扁平足や外反母趾、ベタ足な人は毎日やってもいいような部位になります。
痛いかもしれませんが是非取り組んでいただきたいですね。

 

コスパの高いインフィフォームローラー

個人的に「これは良いんじゃ・・?!」と思ったのがインフィフォームローラーです。

インフィフォームローラーのラインナップはトリガーポイントパフォーマンスの製品に似ていろんな用途で用意してあります。
LOFTやハンズでも販売されていたので触ったりしましたが、十分使える商品ですね。

安いしコスパは非常に良いと思いますので、是非参考にしていただければと思います!

インフィフォームローラー

インフィフォームローラーの画像

インフィフォームローラーはスタンダードとハードの二つの硬さがあります。
スタンダードは普通に柔らかめで、グリッドフォームローラーと同じくらいの硬さです。

ハードはちょっと硬いですが、グリッドフォームローラーXほどは硬くないので、慣れてきた段階なら使いやすいと思います。

インフィフォームローラースタンダードの価格は定価3,980円と超良心的です。
フォームローラーは激安商品もたくさん出回っていますが、これくらいの価格帯の商品の方が信頼感もあって良いですね。

 

フットローラー

フットローラーの画像

インフィのフットローラーは圧点が小さいのでよく足裏に入ります。
ほとんどナノフットローラーと変わらないのですが、こちらの方が1,000円ほど安いですね!

 

ストレッチボールスパイラル

ストレッチボールスパイラルの画像

2連マッサージボールのストレッチボールスパイラルです。
2連のものは背中の上の方の胸椎周りをリリースするのに適しています。

こちらはハードとソフトがありますが、ボール系のものは硬めのものがおすすめです。

硬くて痛すぎても慣れればいいのです。。

 

あとがき

まだ数種類しか紹介できていませんが、どんどん増やしていく予定です。
もし「これってどう?」みたいなフォームローラーがあればお問合せしてもらえればお答えできるかもしれません。

是非ご自身に合ったフォームローラーを探してみてください!

関連記事

筋膜リリースの効果的なやり方とフォームローラーの使い方30種目

「肩こりや腰痛など、慢性的な体の痛みにお悩みではないでしょうか。」 いつも悩んでいる痛みでも、もしかすると筋膜リリースをやるだけでカンタンに ...

あなたにピッタリな筋膜リリースはパーソナルトレーニングへお越しください

理屈はわかっていても、クセというのはなかなか改善することができません。

筋膜リリースは多くのシーンで有効ですが、筋トレやストレッチと組み合わせてさらなる効果が期待できます。

なんとなくやるのではなく、自身に合う種目を選べるようになることが理想です。

せっかくやるなら、効果的な時間を過ごしたいですよね。

ご自身の生活習慣を見直すためにも、パーソナルトレーニングを始めてみることをおすすめします。

  • この記事を書いた人
コバショウゴ/パーソナルトレーナー

木庭翔吾(コバショウゴ)

現役パーソナルトレーナー/フリーランス
人間が本来持つ身体動作や姿勢を重視し、姿勢の調整やトレーニングなど年間1300本以上のマンツーマンのパーソナルセッションを実施。
「健康の為の運動についてや、身体の痛みにお悩みの方はご相談いただければと思います。健康で自由な身体作りを目指しましょう!」

>> パーソナルトレーニングサービスの詳細を見る

-筋膜リリース

Copyright© パーソナルトレーナー「コバショウゴ」の健康・ダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved.