TRX Back Lungeの踏み込む動作で脚全体を鍛える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はTRX Back Lungeを紹介します。

TRX Back Lungeは後ろに脚を出して踏み込む動作を行う種目です。
通常のバックランジと違いTRXによる補助がありますので、運動を久しぶりに行う人や高齢者の方にもお勧めです。

高齢者の方で階段の下りが恐いというような方は、前の脚に重心を乗せるのが苦手になっていることが多いです。
TRXの補助を借りて、感覚が掴めるようにがんばりましょう。

もちろん脚全体のトレーニングとしてもお勧めですよ!

TRX Back Lungeのやり方

長さをミッドレングスにし、アンカーポイントに顔を向けます。
肘を90°くらいに曲げ、ストラップが張るところがスタートポイントなのでそこに立ちます。
TRX Back Lungeのスタートポジションの画像

片脚を後ろに出して踏み込みます。
このとき前の脚に体重を残しながら行うのがポイントです。
TRX Back Lungeの最終ポジション

交互に行いましょう。

TRX Back Lungeの動画

動画で動作を確認しましょう。

TRX Back Lungeは交互に20回くらいを目安にやってみましょう!

あとがき

ランジ動作は膝が内側を向き易いので注意が必要です。
また、TRXに体重をかけ過ぎてしまい動きをコントロールできていない人は多いです。

足の裏は地面を掴むように力を入れ、動作をゆっくり行います。
TRX Back LungeであればTRXを補助として使えますので、正しい動作の感覚を掴むように行いましょう。

立ち姿勢の重心が後ろ気味な人は、前方に体重を置くのが苦手です。
TRXを使って正しい動作を覚え、日常生活に取り入れましょう!

TRXのマンツーマントレーニングはティップネス中野店へどうぞ!

私がパーソナルトレーニング指導をしているティップネス中野店では、TRXを使ったパーソナルトレーニングを受講することが出来ます。

ティップネスは会員制のフィットネスクラブですが、パーソナルトレーニングは会員でない人でも受けることが可能です。
TRXのトレーニングをお考えの方は是非一度ご相談いただければと思います!

パーソナルトレーニングの詳細を見る

SNSでもご購読できます。