肩こり、猫背対策に!背中の筋膜リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は背中の筋膜リリースです。

「いつも座りっぱなしで肩周りがヤバい・・・!」
そんな方に是非行っていただきたい筋膜リリースです。

背中の上部には僧帽筋や脊柱起立筋といった姿勢保持に非常に重要な筋肉が多くあります。
肩こり、首こり筋です。
また、背骨の中でも可動性を高めることが機能である胸椎という部分の可動性向上にも繋がります。
肩こりの方は要チェックですね!

背中を筋膜リリースして、快適な明日を過ごしましょう!

背中の筋膜、胸椎の可動性

今回の背中の筋膜リリースは特に上背部という背中の上の方を行います。
肩こり筋である僧帽筋や、脊柱起立筋ですね。
血行を良くすることで肩こりは緩和されます。

また、上背部を筋膜リリースすることで胸椎の可動性も向上させることができます。
胸椎が可動していないと、ものすごく肩こりになりやすくなってしまいます。

胸椎がよく動くことで、首が正しい位置に戻ります。
もちろん骨盤周りからの調整も必要ですが。

今回は背中の筋膜リリースですが、腰の方の腰背部に対しては筋膜リリースを行いません。
いろんな考え方の人がいますが、腰椎は安定関節であるというJBJA(Joint by Joint Approach)の考え方を元に、腰を緩めることはあまりお勧めしません。

もちろん過度な反り腰の人で、腰背部がすごく硬い人もいるので一概には言えません。
しかし過度な反り腰の人というのは全体において少数ですので、このブログではお勧めしないという方向で書きます。

もちろんご自身の判断で行ってみても良いとは思います。
私が「グリッドフォームローラーでは腰を緩めることを勧めていない」そう認識してもらいたらと思います。

胸椎辺りの上背部は可動関節なので、ガンガン緩めましょう。

背中の筋膜リリース

背中の筋膜リリースはゾーン①から③まであります。
どれも方法は同じですので、一つやり方を覚えるだけでOKです。

①大体みぞおちの裏くらいにグリッドフォームローラーが当たるように仰向けになります。このとき膝を立て、手はクロスして肩に着くか、頭の後ろにします。
バック1
バック2

②お尻を浮かせたら最初に当てた辺りを中心に5cm程ストロークします。最低5回行います。
バック3

③ストロークしたらお尻を床に着き、左右に側屈しながらマッシュします。3〜5回程行います。
バック4
バック5
上から見ると、
バック6
バック7

ここまででゾーン①は終わりです。
ゾーン②は始めの位置よりも少しだけ高い位置(より頭側)になりますので、転がして位置を調整します。
ゾーン③はそのさらに上です。

ゾーン①と同じように[お尻を浮かせてストローク]と[お尻をついてマッシュ]を繰り返します。

ゾーン①は肩甲骨の下(みぞおちの裏辺り)。
バックゾーン1
ゾーン②はちょうど肩甲骨あたり。
バックゾーン2
ゾーン③は首の付け根あたり。
バックゾーン3
ゾーン③は首に近すぎると危険を伴うのであまり行き過ぎないようにしましょう。

あとがき

肩こりが辛い!そんなときに是非やってみてください。
結局ほとんどが血流の問題ですので。

今回筋膜リリースした胸椎という背骨は、可動関節といってよく動くことが身体の中での役割になります。
たくさん緩めることで、隣にある腰や首の骨は安定感が増してきます。
オフィスで毎日働く人にほどやっていただきたいですね。
マッサージ受ける前にやってみて、肩こりが改善したらラッキーですよね!
では!

関連記事はこちら
■筋膜リリースの方法・効果とグリッドフォームローラーの使い方
筋膜リリースの方法・効果とグリッドフォームローラーの使い方を見る

■不定愁訴の改善のカテゴリー
不定愁訴の改善のカテゴリーを見る

オンラインパーソナルトレーニングの価格が変わります

オンラインパーソナルトレーニングは2017年4月15日以降の申し込みより、価格の改定を予定しています。
2017年の4月14日中までの申し込みは現状の2,980円で申し込むことができ、その後も月額2,980円で継続できます。

改定前|2017年4月14日までの申し込み
月額 2,980円


改定後|2017年4月15日以降の申し込み
月額 8,640円


もしお考えの方は4月14日までにお申し込みいただければ非常にお得です。
不明点などある場合はお問い合わせください。

オンラインパーソナルトレーニングの詳細を見る

SNSでもご購読できます。